ビタミンC誘導体入りの化粧水を試してみよう

スキンケア化粧品の選び方

女性

化粧品の効果的な成分

美容液や化粧水によく配合されているのが、ビタミンCです、別名をアスコルビン酸といい、選び方を間違えると効果が無いばかりか、お肌に良くないこともあります。ビタミンC配合の化粧水を選ぶならば、ビタミンC誘導体が配合されたものを選ぶのが良いでしょう。ビタミンCという物質は、抗酸化作用に非常に優れていますが、ヒトでは体内で合成できないため、食事、サプリメントなどで、外部から取り入れる必要があります。成人では一日約100ミリグラムのビタミンCを摂取するのが良いとされています。ただし、これはあくまで目安のため、肌への効果を高めるためにどのくらい摂取すればよいかは個人差があります。そしてビタミンCは構造が不安定なため、そのままでは壊れやすく酸化しやすい特徴を持っています。そのため化粧品にそのまま配合するには不向きな物質でしたが、研究によって化粧品に利用できるよう生み出されましたのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体には大きく二つの種類があります。水溶性誘導体と脂溶性誘導体があり、水溶性のものは水に溶けやすく、脂溶性のもは脂に溶けやすい性質を持っています。ヒトの皮膚は水溶性の物質を通さないため、水溶性のビタミンCの化粧水などを塗っても効果が薄かったですが、脂溶性誘導体のものは肌に浸透しやすいため、効果が期待できます。ビタミンC誘導体が配合された化粧水は、皮膚への浸透効果が高いので、皮膚のターンオーバーを早めたり、メラニンの排出を促したりして美白効果が期待できます。また皮脂の分泌を抑制する効果もあるのでニキビを防いだり、ニキビ跡をきれいにしてくれる効果も。さらにはコラーゲンの生成を促進するため、シミや小じわなどの改善にも良いとされています。また最近では脂溶性と水溶性の性質を持った高浸透型のビタミンC誘導体も開発されています。